연구실에 공부하러 나오시는 토모미 상의 신간

<입신출세와 하반신 - 남자학생 성적 신체의 관리의 역사>(라쿠호쿠 출판, 2013)가 나왔습니다.

 

연구실로 한 권 기증해 주셨으니, 많은 애독 바랍니다. 연구실 내에서만!!

 

 

 

*아래 출판사 소개 페이지를 그대로 옮겨 옵니다.

http://www.rakuhoku-pub.jp/book/27187.html

 

 

 

ベルリンの壁
澁谷知美 著
『立身出世と下半身――
  男子学生の性的身体の管理の歴史 
 
 
 
 
発行元 洛北出版
四六判 上製 605頁
2013年 3月 25日 発行
ISBN 978-4-903127-18-7 C0036
定価(本体価格 2,600円+税)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
『立身出世と下半身』背中から見た立体画像
 
 
『立身出世と下半身』


 
 
띠지
少年たちを管理した大人と、 (소년들을 관리한 어른과,)
管理された少年たちの世界へ (관리당한 소년들의 세계로.)

 

 
大人たちは、どのようにして少年たちの性を

管理しようとしたのか?
大人たちは、少年ひいては男性の性や身体を、
どのように見ていたのか?
この疑問を解明するため、過去の、教師や医師による発言、
学校や軍隊、同窓会関連の書類、受験雑誌、性雑誌を渉猟し、
当事者へのインタビューを敢行する。
探究をつづけて10年――
その成果をまとめたのが、この本である。

 

 

차례

 

序 章
課題と方法
  問題関心――近代における男性の性的身体をめぐって
  男性の(性的)身体史の先行研究
  青年観と青年の身体観の先行研究
  方法論1
  方法論2
  小 括


第1章
立身出世と性的行為の非両立
 ―― 1890年代における性的身体の使用禁止言説
  課題と構成
  木下廣次の「籠城演説」
  福澤諭吉の「品行論」
  徳富蘇峰の「非戀愛」
  巌本善治「非戀愛を非とす」と北村透谷「我牢獄」「厭世詩家と女性」
  小 括


第2章
「学生風紀問題」にみる青少年の性の問題化
 ―― 1885-1912年の『教育時論』記事を中心に
  問題設定
  「学生風紀問題」とは――出現頻度、内容、地域、教育課程
  「学生風紀問題」にみる青少年の性の問題化
  小 括


第3章
「男らしい」人生への誘導
 ―― 1910-40年代の性教育における花柳病言説
  問題設定
  性教育の登場
  性教育における花柳病言説
  禁欲を阻む契機としての「不潔な交渉」
  制欲ツールとしての「正しい知識」
  小 括


第4章
M検と男子学生
 ―― 1930年代における男子の性の自己管理
  問題設定
  花柳病検査としてのM検
  M検の実施頻度の少なさ
  M検をめぐる生徒の反応
  小 括


終 章
まとめと考察
 ―― 「生産する身体」と「性的身体」がせめぎあう土壌としての男性身体
  まとめと考察
  近代における男性の性的身体の位置づけ


資 料
A アンケート調査の配布用紙
B 旧制高校OBアンケート自由回答
C 『螢雪時代』1949-61年の保健相談(特に下半身について)

参考文献
あとがき
索引(人名索引・事項索引)

 

目次



 

本書の中身

本書の「序章、第1章、第2章、第3章、第4章」のなかの数ページを、印刷前の状態ですが、ご覧いただけます。
(ページの閲覧には、Flash Player 9.0以上が必要になります。)

 

 

 

序 章 (32-39ページ)クイックで拡大します。

 

 

 






 
第1章 (146-155ページ)クイックで拡大します。





 
第2章 (224-231ページ)クイックで拡大します。






 
第3章 (336-343ページ)クイックで拡大します。






 
第4章 (386-393ページ)クイックで拡大します。






 

著者紹介

澁谷知美  Tomomi Shibuya
1972年生まれ。東京大学大学院教育学研究科博士課程修了、東京大学博士(教育学)。現在、東京経済大学准教授、ソウル大学奎章閣国際韓国学センター訪問研究員。専門は教育社会学、社会学。
単著として、『日本の童貞』(文藝春秋 2003年)、『平成オトコ塾――悩める男子のための全6章』(筑摩書房 2009年)。
共著として、『性欲の文化史』(講談社 2008年)、『性的なことば』(講談社 2010年)ほか。
論文として、「「学生風紀問題」報道にみる青少年のセクシュアリティの問題化――明治年間の『教育時論』掲載記事を中心に」(『教育社会学研究』65号 1999年)、「「フェミニスト男性研究」の視点と構想――日本の男性学および男性研究批判を中心に」(『社会学評論』204号 2001年)、「M検の記憶――1930~40年代の学校身体検査における青少年のセクシュアリティの管理と統制」(『Sociology today』14号 2004年)ほか。 

 

装幀

本文デザイン・組版・カバーデザイン
  洛北出版編集

カバー絵
  高畠華宵「春光」
  所蔵 弥生美術館 (C)弥生美術館

516頁イラスト
  高橋由布子(hanare)
『立身出世と下半身』



『立身出世と下半身』
 
『立身出世と下半身』


 

 

번호 제목 글쓴이 날짜 조회 수
공지 ① [수유너머104] 공동체소개 oracle 2020.03.22 463
공지 ② [수유너머104] 활동소개  oracle 2020.03.22 251
공지 ③ [수유너머104] 2020년 운영팀 oracle 2020.03.20 308
공지 ④ [수유너머104] 회원제도 oracle 2020.03.20 283
공지 ⑤ [수유너머104] 약도 oracle 2020.03.18 392
공지 ⑥ [수유너머104] 내부공간 oracle 2020.03.18 167
공지 [수유너머소개] 연구실소개 /연구실소식 /회원소식을 공유하는 게시판입니다. 수유너머104 2019.10.21 244
공지 ⑦ [수유너머104] 공동체 평등수칙 sora 2018.06.17 1922
공지 ⑧ [수유너머104]를 다시 시작하며 admin 2017.03.15 6086
87 [회원소식] 일요일 4시 북콘서트인지 토크쇼인지를...^^;; 솔라리스 2013.10.04 1027
86 [위클리 수유너머 164호] 개편호 발행되었습니다~~ 지안. 2013.10.01 1600
85 [수유너머 104 오시는 길] [2] file 수유너머104 2013.09.16 27227
84 [회원소식] 우리 성현이..... [4] file 꽁꽁이 2013.09.13 1457
83 [회원소식] <해방 일기> 김기협을 만나다- 후지이 다케시 샘 소식 (9월 2일 홍대 가톨릭청년회관) file 유심 2013.08.30 2196
82 [연구실 위치] 생명문화연구소 찾아오시는 길입니다. 수유너머N 2013.08.17 7841
81 [회원소식] 한국일보 사태에 대한 칼럼 솔라리스 2013.08.01 1283
80 [회원소식] 동대문디자인파크의은폐된 역사와 스타 건축가 책 발간과 토론회 file 은선 2013.06.13 2738
79 [회원소식] 이탈리아 건축디자인 잡지 domus 에 은선회원의 이스탄불 사진이 실렸습니다. file 은선 2013.06.03 2323
78 [회원소식] 감격의 순간 데이비드 하비와의 만남 [4] file 은선 2013.05.30 2873
77 [회원소식] 『해석에 대하여』 - ‘주체의 고고학’은 어떻게 ‘상처입은 코기토’가 됐나? [3] 수유너머N 2013.05.30 2524
76 [회원소식] 은선회원 터키, 비엔나 출장 - MAK 건축전, 데이비드 하비.. [4] file 은선 2013.05.27 28214
» [회원소식] 토모미 상의 신간 <입신출세와 하반신 - 남자학생 성적 신체의 관리의 역사>(라쿠호쿠 출판)가 나왔습니다 [3] 유심 2013.05.26 2452
74 [회원소식] 리슨투더시티 오스트리아 비엔나 MAK 뮤지엄 전시 은선 2013.05.16 2486
73 [위클리 수유너머 157호] "No workers No music, No music No life!" 수유너머N 2013.05.12 3313
72 [위클리 수유너머 156호] 방 구할 돈 없어서 학교에서 살아요 수유너머N 2013.04.30 2255
71 [회원소식] 동대문 디자인파크의 은폐된 역사와 스타건축가 책 발매 텀블벅후원 file 은선 2013.04.29 3386
70 [공추가] 페인트칠 인력 모집! [13] 쿠다 2013.04.25 2317
69 [회원소식] “나의 운명의 지침을 돌려놓고 뒷걸음쳐서 사라진” 사건에 대하여 [1] 솔라리스 2013.04.20 2365
68 [공.추.가.프로젝트] 새 공간에 이름을 지어주세요! [7] 의횬 2013.04.15 1883
CLOSE